• ホーム
  • 従来のマーケティングからデジタルマーケティングへの変遷

従来のマーケティングからデジタルマーケティングへの変遷

2019年08月25日

WEBマーケティングが登場し普及する以前と以降とでは、マーケティングの方向性や手法には大きな差異が見られるのが事実です。その原因のなかで最大の要因は、インターネットと言う情報収集プラットフォームの登場と、検索ユーザーの行動の変化を指摘すること出来るでしょう。しかしながらインターネット普及をきっかけにどのような変容を蒙ったのか、マーケティングの変化については忘却している部分も多いようです。WEBマーケティングの可能性の地平を開闢するためにも、マーケティング手法の変遷とそれぞれのメリットとデメリットを押さえておきましょう。

インターネットが世の中に浸透するまでは、ヒューマンパワーを投入してコンバージョンの機会を得るのが一般的でした。セールスマンが個人の住宅やマンションの一室を訪問して商品やサービスの売り込みを狙うと言うのが典型です。個人的に営業に秀でた才能をもつ人材であれば、たしかなコンバージョンを企業にもたらし、大きなベネフィットを獲得することも可能でした。しかし一般的なスコアを前提にすれば、想定ターゲットを効率的に獲得するのは困難で、人件費が嵩む割にベネフィットが少ないというデメリットを抱えていました。

あるいは当時メジャーな広告媒体だった全国紙や雑誌メディアも、今日から回顧的に振り返ると随分と様変わりをしたと言うものです。新聞や雑誌メディアなどが人材や専門チャネルを駆使して、不特定多数の想定ターゲットを対象に大規模なアンケートを実施するなどのマーケティング調査が重視されてきました。そのような方法で収集されたデータは、当時の技術水準を前提にすれば投下した費用に相応のメリットをもたらすものと評価されていました。しかしながら巨額の予算を必要にするのが一般的で、中小の事業者などでは現実的に利用することは事実上困難だったわけです。

ところがWEBマーケティングがマーケティングの主要な選択肢に登場することで、大きな地殻変動がもたらされることになります。従来は多数の母集団を相手にマーケティング調査をすることが前提だったのでコストが嵩むものでした。しかしWEBマーケティングは低コストでの、調査を可能にします。しかもターゲットの属性を細分化して、よりニーズを的確に低コストで把握することが出来るようになりました。中小事業者もWEBマーケティングを戦略的に運用して、コンバージョンを低コストで上げることが叶う環境が整備されたわけです。